タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマの感想



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

月の恋人 感想

2010.05.24(22:33) 72

月の恋人 感想 第3話


仕事にいそしむ連介(木村拓哉)。

新しいプロジェクトのリーダーとして二宮真絵美(篠原涼子)が
任せられる。そして前任が切り捨てられる。

そんな事件の後に会社までシュウメイの父親が、
シュウメイに会いにくる。


中華料理屋でお世話になるシュウメイの父親。


その一方、シュウメイのモデル撮影シーン。
柚月(北川景子)が同じ場所にきており、シュウメイとのキスシーンが
カメラの中に入っているという。

返してほしければデートしてと。

そして、デートの写真を口実に柚月とデートする連介

柚月の私を利用するだけしてもいいのよって。。
すげー発言ww


渡辺いっけいからの提案をあっさりと退ける連介
それに対していっけいが、あなたは昔はこんな人じゃなかった!

どこで変わってしまったんですか・・
会社が大きくなればそれでいいんですか

これは典型的なパターン。

シュウメイの父親も面倒をみるという連介

お母さんの面倒もみてる。

大変だなー。

その後、デザインの打ち合わせ。
真絵美と葵風見(松田翔太)二人がつきあってるかってことを
きく連介。

恋愛をして、仕事へのモチベーションを高めてくれーと。

つか篠原のキャラいいなw

「うるっさい!」

このセリフがめっちゃよく出る気がしますw

その後、真絵美を呼び出して、連介の事を相談するシュウメイ
連介の心がわからないと。。


連介の過去を語る篠原。

初めて語られる連介の過去・・・

連介は過去に両親の離婚を経験していて、
そして母親は男遊びが多いタイプだった。。

なので、連介は心を閉ざしがちになってしまったんだという。

そして、両親が仲直りすることを願うシュウメイ。


その後、柚月の家。

連介の部下であり、プロジェクトから降ろされた部下が
柚月の父親にシュウメイのポスターをもっていく。

インサイダー情報ってやつですね。
これがどういう意図なのかはわかりませんが・・

一方父親にポスターを見せにいくシュウメイ。

だけど、中華料理屋に父親がいない。


父親はお金を渡されて中国に返されていた。
今後シュウメイと関わらないことを誓わされて。

これは連介の判断だった。


激怒するシュウメイだが、我慢しろという風見。
いずれ復讐できる時がくると。

その一方、連介の部屋で日記を読む真絵美。

その日記には、いろいろな事が書いてあり、
その中には連介のことも書いてあった。

冷たくなってしまった連介の心は私があたためる。。
ここでグッとくる連介。


いい子や。・゚・(ノД`)


だけど、この感じだと連介のした事が仇になって、
連介の思いはシュウメイに傾いてるけどシュウメイは復讐に
燃えてるという。

なんとも複雑な感じですな。。

次回へ続く!
スポンサーサイト

ドラマの感想



<<チームバチスタ2 ジェネラルルージュの凱旋 感想 あらすじ 第8話 | ホームへ | ヤンキー君とメガネちゃん 感想 第5話>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tubasaoozora.blog129.fc2.com/tb.php/72-8b727e91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。