タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマの感想



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

月の恋人 第1話 あらすじ 感想

2010.05.10(22:33) 61

新進気鋭の会社レゴリスの社長葉月蓮介(木村拓哉)。

ある日、中国の工場を買収する。

そこで働いていたのがシュウメイ(リン・チーリン)

工場後に視察に行った時にシュウメイに遭遇するが、
この時は後でまた会うとは思わない。

シュウメイはその後、街中のテレビで蓮介が自分の工場を
買収していた蓮介である事を知る。


工場を買収され、家賃の支払に追われ、何とか生活していたシュウメイだが、
ある日取り立て屋に母親を強引に連れ去られていってしまう。

返してほしければ、家賃を払うのが条件だと。。

その時に車で出向いてきた蓮介と再び遭遇する。

蓮介はシュウメイを必死に説得する。

シュウメイは、工場の人達を再び雇用する事を条件に
モデルになる事を承諾する。

モデルになるため日々練習にはげむシュウメイ。

練習の日々は辛いが母親のために懸命に頑張る。


売れっ子モデル大貫柚月(北川景子)は蓮介に片思い。

日々いろいろな策を試行錯誤して、
蓮介に何とか振り向いてもらおうとする。

だがそんな柚月にあまり構おうとしない蓮介。

そんな中、
蓮介はコインを4枚並べて、何に見えるかいろいろ聞いてまわる蓮介。
どうしてもこれが気になる模様。


シュウメイが昼食の時に、シュウメイにも同じ質問をすると、
シュウメイはアメンボが水面に立った時の波紋だと答える。

シュウメイは、水滴が落ちる際の波紋を見るのが幸せらしい。


シーンは変わり、ホテルへ帰宅するシュウメイ。
モデル活動を続ける中、中国での交流仲間ミン(阿部力)がシュウメイに
隠していた事を打ち明ける。

会社で篠原とデザインの事について口論する蓮介と二宮真絵美(篠原涼子)。

そんな中、シュウメイがホテルから逃げ出してしまう。

雨の中、何かを思いつき、足を運ぶ蓮介。

雨の中、工場跡地でシュウメイを発見する蓮介。

ミンから工場の事やいろいろな事実を聞き、ショックを受けたシュウメイは
働きたくないと突っぱねる。

そんなシュウメイに対し、
それなら今までの母親の治療費や全てのお金を返してほしいと言う蓮介。


激怒するシュウメイ。
そんなシュウメイを抱きしめる蓮介。

「俺はおまえがほしいんだ」

このキメ台詞がすんなり決まるところはさすがキムタク!



シーン変わり。
徹夜でデザインの仕事に取り組む真絵美。
何のデザインか分からないけど・・・


シーン変わり。

レゴリスの上海一号店の開店セレモニーで、
真絵美がデザインした物がここで初めて開かされる。

シュウメイの回答からヒントを得てデザインされた
アメンボが水面に立つ様子をデザインして作ったイス。

そして、シュウメイのモデルとしての初仕事。
モデルとして、妖艶に舞うシュウメイ。

レッドカーペットを歩いている時に、会場に来ていたミンやその他大勢の仲間から賞賛の嵐。

音楽はやみ、周りはシュウメイコール一色。

そしてシュウメイはレッドカーペットをたどり蓮介の元へ。

このシーン中々綺麗で素敵でした(≧∇≦)


次週へ続く!


そんでこの後スマスマが生放送でしたー。
北川景子、リン・チーリン、篠原涼子さんが生登場ー。
スポンサーサイト

ドラマの感想



<<チームバチスタ2 ジェネラルルージュの凱旋 6話 感想 | ホームへ | 現M1王者パンクブーブー佐藤が結婚>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tubasaoozora.blog129.fc2.com/tb.php/61-1f27f161
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。