タイトル画像

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマの感想



スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]
タイトル画像

素直になれなくて 第1話 あらすじ ネタバレ

2010.04.16(00:12) 38

出会いは、痴漢から始まる・・・

喫茶店でお茶をしている二人。

中島圭介ことナカジ(瑛太)が水野月子ことハル(上野樹里)のズボンにお茶をこぼしてしまう。
ハルが一生懸命ふこうとして、思わぬ所に当たってしまい、痴漢よばわりされてしまう。

その後、オフ会先で、再び遭遇するナカジとハル。
気まずい再開・・・ヽ(`д´;)/
ここで、市原薫ことリンダ(玉山鉄二)、バク・ソンス(ジェジュン)、西村光ことピーち(関めぐみ)も登場。

集合写真を撮る事になり、バク・ソンスが写真を撮るが、
その時にハルの1ショットも撮り、この時点でバク・ソンスがハルに好意がある事が分かる。

でも残念ながらハルと一緒には帰れず。。

ナカジとハルが一緒に帰る事になる。

帰り道が一緒になる偶然が幾重にも重なり、ハルは駅からの帰り道の途中でコンビニにより、
「たぶん、永遠にさよなら」といい別れようとするが、
ナカジはコンビニの前で待っていて、夜遅くに女性の一人歩きは危険だという事でハルの家まで送ってくれる。

途中で、ハルがナカジのズボンをぬらした事に責任を感じ、クリーニングに出すといい始める。

が断ろうとしてカバンの引っ張り合いになり、はずみで樹里がこけてしまう。

そして、ナカジにおぶさりナカジの家まで行く。

そこで、ナカジのカメラ話になり、樹里はそんなナカジに少しひかれたかのような感じ。

家の中でナカジからハルに不意のキス。

バク・ソンスは2次会に行く途中で上司から呼び出され、途中解散。

残ったリンダとピーちはカラオケでいい感じの雰囲気になり、そのままホテルへ。
ここで、ピーちが実はリストカッターであるという事が判明する。


その後はみんなの悲しい毎日。


営業成績が悪く、上司にどやされ水をかけられるバク・ソンス。

学校で自分の教育方針を主張したが、臨時の教員である事を責められ落ち込むハル。

写真の撮り方が悪いと怒られへこむナカジ。

編集部のおばさん上司(渡辺えり)の接待につき合わされ、挙句に帰りのタクシーの前にキスをしろと迫られるリンダ。
できないなら飛ばすぞと。。おばさんとのキスは拷問だねぇ・・・

そして、そんなリンダに連絡がつながらずに焦るピーち。


後日、昼間に待ち合わせるナカジとハル。
途中まではいい感じに話が進むものの、好きとか好きになってないとかの言い合いで、ハルが怒って帰ってしまう。


ここで、ハルから2回目の永遠のさよなら。


リストカッターで疑心暗鬼なピーち、売れないカメラマンのナカジ、成績が悪い医療機器の営業マン、バク・ソンス、
臨時の学校教員ハル、おばさん上司のアクセサリーにされ、いいように遊ばれる編集部社員リンダ。

なんかみんな悲しい設定ですねぇ。・゚・(ノД`)



ドラマの演出の仕方がなかなか面白い。

シーンとシーンの移動の仕方がスライドショーみたいになってたのがよかった。

この後は、バク・ソンスから飲み会の提案があるが、みなさん用事でいけなくなる。

ハルだけが参加できそうだという事で前回のお店に行く。
そこで、自分の高校の教え子がいるのを発見してしまい、一緒にいた男性と引き剥がそうとして
生徒を逃がすが、生徒の代わりにハルが絡まれてしまう。

そこにナカジが登場し、ガラの悪い二人組の男性を突き飛ばして逃げる。


その後、駅のホームで向かい合って、缶コーヒーを飲むナカジ。
羨ましそうにねだるハルに、ナカジがもう一つの缶コーヒーを投げる。

このシーンいいね(・∀・)

ここで、ナカジがハルに、「たまには素直になれよ」

後日、ズボンのしみを消して、ナカジの家に持っていくハル。

が、家のチャイムを押して、出てきたのは・・・・恋人の山本桐子!

気まずい空気のまま次回へ!
スポンサーサイト

ドラマの感想



<<中谷美紀がアニメの声優に初挑戦 | ホームへ | 東方神起、事務所から提訴>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tubasaoozora.blog129.fc2.com/tb.php/38-2c6f576d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。